« はじめてみる | トップページ | 淡水魚水槽 »

海水魚の水槽

Cimg1660 注意このブログを見てまかり間違って参考にして事故などがあっても私は一切責任を取りませんこのブログは私が勝手にやっていることで気持ちよくやっていきたいので、よろしくお願いします、さて、私の水槽ですが海水の水槽は60センチの小さな水槽です、本当は90センチの水槽が欲しかったんですが、ショップで水の入っている水槽を見たらちょっと重そうで引いてしまいました、ということでサイズは60センチ値段も3000円でしたので購入したわけですが、私は魚の飼育はまったくの素人です、どこからやればいいのやら、淡水でさえまだ2ヶ月の素人です、まず悩んだのは濾過方式です、いろいろありますが外部濾過で行ってみようかと思ったのですが、どうしても自分で作った濾過器で循環させたくて自作オーバーフローを取り入れようと思いましたがガラス水槽に穴を開けるのは抵抗がありました、そこでいろいろ調べるとサイフォン式のオーバーフローがあるじゃないですか、ですがこれが意外といろいろなやり方があるんですよね~それで悩んだ結果何があろうと水槽から水があふれない方式を取り入れました、どんな方式かといいますと普通は水槽の底の方で水を吸い込むのが一般的サイフォン式のオーバーフロー(これでもポンプが止まったときは一緒に止まるものもあるんですが私の中では見るからに止まって欲しいので違うものにしました)だと思うんですが私の場合吸い込み口は普通のオーバーフローと同じ位置(上部)にあります詳しく説明したいのですが勝手にリンク貼るわけにもいかないので私の参考にしたサイトが許可をくれましたら紹介したいと思います、そして濾過槽はといいますと40センチの水槽をベースにプラ版など使い3槽に分け製作しました3層目はポンプ槽なのですがこれが意外と容量が難しいんです、もしサイフォンが止まってしまってもメイン水槽から水があふれない程度で作らなきゃいけないんです、ま~なんだかんだ言って適当でしたが、濾過材は珊瑚のみです、こだわっているわけではありません安かったんです、つねに鬼嫁の念が・・・・・いいんですこれで!!わかりませんが!!え~あとポンプ槽のポンプですがカミハタのRio1100ってのを使いました。まったく雑な説明ですみません、ですが疲れましたCimg1659続きはまた明日にします。

|

« はじめてみる | トップページ | 淡水魚水槽 »

海水魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海水魚の水槽:

« はじめてみる | トップページ | 淡水魚水槽 »