« 少し変更してみる | トップページ | カーリーをさがせ! »

なんとなくですが

シアノバクテリアの件で根拠も無くなんとなくなんですが思うことがあります、

ことの始まりはプロテインスキマーを濾過槽に移しウール材を外したとき、はま。さんからウール材を外すとデトリタスが今までより溜まり易くなりますよ、とコメントをいただき、そうだよな~もっともだよな~やっぱりウール材戻そうかな~とか考えている時でした、

底砂と言えばシアノバクテリアが出ているんだよな~そもそもなんで出たんだろ?と思ったわけです

今まで60cm水槽では、赤いタイプのシアノはまったく発生せず1200水槽に変えても最近までシアノバクテリアは出なかったんです、ではなにが原因なんでしょう?私の頭ではさっぱりわかりませんですが変わったことと言えば天然海水を使い始めたこと、そしてここが一番思うところなんですが底砂の上を掃除することをやめたことです、今まではそうじやさんで底砂の1cmくらい上からデトリタスを吸い上げて綺麗にしていたんです、ではなぜ底砂の掃除をやめたのかですが、それはアサリを水槽に入れたことが理由なんです、アサリってわりと綺麗とは言えないところにいるじゃないですか、だからあまり綺麗にしてしまうとアサリのエサが無くなってしまうのではないだろうかと考えたわけです、サボったわけではありませんよそして60cm水槽の時は少し底砂に水流が当たるようにしていました、もしかしたらそのおかげでシアノがまったく発生していなかったのではないでしょうか?


ちゃんとした根拠とかはありません、ですが自分の水槽ってなんとなく自分だけにしかわからないことてあるじゃないですか、毎日見ているわけですから、ま~早い話がたんなる勘ですね、ということでまたそうじやさんで綺麗にしてみることにしてみました、アホなこと言ってるかもしれませんが暖かく見守っていてください


追記、どうやら私は勘違いしていたようです、はま。さんの言った、ウール材を外すとデトリタスが今までよ溜まりやすくなりますよって言うのは底砂にではなくてサンプに増えるってことのようです、勘違いしていました

20ℓの水換え、硝酸塩10ppm


Dsc01683


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ応援よろしくお願いします、

|

« 少し変更してみる | トップページ | カーリーをさがせ! »

海水魚」カテゴリの記事

コメント

こん○○は。

底砂のシアノバクテリアは、掃除せずに待った方が硝化バクテリアの為ですよ。そのうちなくなってくるらしいです。
僕は我慢しています。
砂の上面だったら水流が弱いみたいです。

投稿: はま。 | 2008年2月21日 (木) 21時57分

こん○○は、はま。さん、
うちの場合エサのあげすぎも良くないんだと思っています、少しずつ減らしていきます、砂の中は嫌気状態にしておかないといけないのでそのままにしておきます、
砂の上にシアノが出るのはやはり水流が弱いわけですね、砂の上にシアノが出たのは一時だけで今は少しあるようなって程度ですがシアノそのものは刺激を与えずそのままにしておきます、
砂の上のデトリタスは最終的に硝酸塩の元となるわけですよね?それも気になっちゃいます今日硝酸塩の測定をしたんですが10~15ppmくらいでした、
シアノについて少し調べたら活餌や冷凍のエサも原因になるらしいですねエサの血液中の鉄分がシアノの栄養素になるらしいです、コペポーダは必ず洗ってからあげることにしました、

投稿: カール | 2008年2月21日 (木) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんとなくですが:

« 少し変更してみる | トップページ | カーリーをさがせ! »