« ゴンベが | トップページ | タカラガイ? »

試薬

さて昨日NO3の試薬aquamind laboratory NO3 assay kit が届きました、早速測定してみましょう、

D1000023 箱はシンプルでいいです、






D100022そして中を開けるとこのようなセットになっております、
試薬A・試薬B・試薬C・試験管・コルクキャップ・スポイト・色見本紙・マニュアル・となっていますが、次回からは試薬だけ買えるようです、


使い方は飼育水5mlをスポイトを使って試験管に移し、試薬Aを2滴入れてよく振ります、次に試薬Bを5滴入れてよく振ります、最後に試薬Cを5滴入れてよく振ります、そして30分待ち色見本紙と比較するわけです、

ちなみに試薬Aを2滴、試薬Cを5滴で亜硝酸も測定できます

そして測定した結果は、

D100009 マニュアルに書いてある30分後の状態です、
右が飼育水で左が今日汲んだ天然海水です、
写真だと分かりづらいと思いますが、飼育水は少し色が濃くなったようです2ppmくらいでしょうか、この時点で天然海水に色の変化はありません


D100002 そして2時間半後の写真です、ここではっきりとした色の違いがわかります、
2時間後の計測の場合、色見本紙の見方も少し変わるようですが、よくわからないですたぶん10ppmくらいの色で5ppmくらいだったと思いますが・・・どうなんだろ、ちなみに天然海水は2時間経っても色が変わりませんでした、


D105 4時間半後の写真です、

飼育水の方は色は濃くなりました、




D5 13時間後の写真です、

この写真でも飼育水の方は色が濃くなっているのが確認できます、
天然海水は変化なしです、


D006 19時間後の写真です、

天然海水に変化はありません
飼育水の方は少しですが色の変化があるようです、


D10017 23時間後の写真です、

やはり天然海水には色の変化がありません、
飼育水は少しですが色が濃くなっています、


D1000020ついでに 41時間後の写真です、



これで約1日の経過がわかりました、30分後の測定で2ppmくらいならこのような色の変化をするようです、季節が変わり室温などが変わるとまた色の変化も変わるかもしれません、結果的な話ですがNO3の濃度が低い場合は2時間待てば十分測定できると思います、あとNO3の濃度が0に近く色の変化がわかりにくい場合は試験管の水面を見たり上から見ると色の変化だけはわかると思います、

今回30分後の測定で2ppmということにしたんですが、これは横から検体の色を見てもあまり変化がわかりませんでした、ですが検体の水面そして上から見たときに色に変化があったので0ppmではないだろうから2ppmくらいでみたいな感じで凄く適当です、


早い話が2時間経っても色が変わらないようにしなければならないわけですね
これからブログに書く測定結果はマニュアルに書いてある30分後にしたいと思います、そのとき同じ色に見えても試験管の水面や上から見たときの色などを参考に自分なりの判断をすると思いますので、5ppm未満の判定は適当だということをご了承ください、


最初からわかっていたことですが、やはりレッドシーの試薬との違いが気になります、比較してみてすっきりしたほうがいいですね、近いうちに買ってみます、


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ←ランキングに参加しています、ポチッと応援よろしくお願いします、

|

« ゴンベが | トップページ | タカラガイ? »

器具・その他」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、このような反応の経過をたどるんですね。私もマニュアルどおりの判定が、精神的にもよろしいかと。

でも、やっぱり天然海水恐るべしですね。反応が進まないということは、ほとんど0。

今日天然海水(伊東港産)の比重をリフレクトメーターで計ったら、1.018でした。 思っていたより、うんと低比重。
カールさんのところはどうですか?

投稿: Yamamotch | 2008年5月 9日 (金) 19時36分

こん○○は、Yamamotchさん、

書き忘れましたがこの試薬はレッドシーのものとは匂いなどが違いますね、精神的にも30分のマニュアルどおりがいいですね

天然海水は凄いですね、まったく反応がなかったので0ppmでしょうね、

伊東の天然海水は1.018ですか、低いですね、私の汲んでいる海水は私のボーメ計ですと1.023でしたが、はま。さんの屈折計では少し高かったような気が・・・う~ん、どうでしたかね~、
現在の飼育水に関してはかなり低くしてあります、
ただ私の比重計が細かく計れるものではないので数値は良くわかりませんが、海水飼育の範囲ではギリギリのラインだと思います、ニッソーのボーメ計でギリギリ赤い範囲ってことです、ときにはそれより低い場合もあります、まったく参考にならないですね、すみません、
なんだか比重が低いほうが白点に関してもサンゴの調子も良いように感じます、

投稿: カール | 2008年5月10日 (土) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試薬:

« ゴンベが | トップページ | タカラガイ? »