« こんなものも作ってます | トップページ | もう気にしない »

硝酸塩除去装置1

さて頻繁に水換えをしている1200水槽ですが、どうしても硝酸塩が3ppmくらい出てしまいます、底砂ももう少し増やしたいところですがお小遣いも無いので手持ちのものでちょっと小細工を・・・
じつは先日マリン ニシさんでカルシウムリアクターを頂いたんです、なんだか見たことも無いタイプで本体内部にポンプが入ったコンパクトなタイプです、これを硝酸塩除去装置にしてみようかと思います、と言っても中に小豆サイズのサンゴナイトレイトマイナス を入れて回すだけですがね、ORP計などの器具は持ってないので排出量は勘ですね、でも多めからのスタートになると思います、

D1001805

現在は濾過材を入れて硝酸塩の含まれている海水をバケツに移し、そこで運転しています、3日ほどバケツにて運転してから水槽で使う予定です、



ミドボンもレギュレーターもあるんだからカルシウムリアクターとして使ったほうが良いんじゃないかって言われてしまいそうですが、それは言わないで

お小遣いに余裕のある方はAZ―NO3を使うのが一番早く確実かと思います、AZ―NO3Pekyさんがレポートしてくれています、レポート期間中は水換えをしていませんのでしっかりとしたデータです、使ってみたい方は参考にすると良いと思います、ちなみにPekyさんは濾過材を入れた環境で硝酸塩を100ppm近くから0ppmにした方です、用法・用量を守れば必ず良い結果は出ると思います、
Pekyさんのレポートはこちらです↓

Experiment 1
Experiment 2
Experiment 3
Experiment 4
Experiment 5
Experiment 6
Experiment 7
Experiment 8

どうですか、凄い効力ですよね、濾過材を使った環境でここまで良い結果がでるとベルリン式より強制濾過でAZ―NO3を使ってお魚いっぱいの方がいいような気もしますね、

硝酸塩がクリアできれば次はリン酸の除去ですかね、これも吸着剤を使う方法と鉄釘を使う方法がありますよね、私は試薬がないのでレポートは出来ませんが3日前から鉄釘を3本オーバーフロー管に設置しました、

↓ランキングに参加しています、ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


|

« こんなものも作ってます | トップページ | もう気にしない »

海水魚」カテゴリの記事

コメント

あのリアクターですね。
まさかそちら方面に使うとは、、、、ナイスアイデアですね。
構造はほとんど同じですから問題なく使えるともいます。

ナイトレイトマイナスは、バクテリアの餌だと思っていましたが、ろ材にもなるんですか?サンゴ砂はpHの緩衝用ですよね?
サンゴ砂にバイオフィルムができるとpH緩衝能が低下するのかな~なんて・・・・・・

いつも、理屈っぽくてすみません。

本家の方は、釘40本入れてるらしいですよ。

投稿: Yamamotch | 2008年11月20日 (木) 17時33分

こん○○は、Yamamotchさん、

あのリアクターですw
ナイトレイトマイナスは嫌気バクテリアの餌として入れてみました、で砂に繁殖してくれればと思ったのですがどうなんでしょうね、
pHなども測定しながらやったほうが良さそうですね、

本家は40本ですか!?来月あたり試薬を買って水質を測定しながら増やしてみます、

投稿: カール | 2008年11月20日 (木) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 硝酸塩除去装置1:

« こんなものも作ってます | トップページ | もう気にしない »