淡水魚

淡水魚水槽の引越し

Dsc00296久しぶりの淡水魚ネタです、写真のように淡水魚の水槽を1つにしました手長エビは、もともと居た川に戻してきました、この水槽はもらい物なんですが、底面濾過なのでサンゴ専用の水槽にしようかとかなり迷ったんですが、今までの淡水魚水槽があまりにダサかったので、この水槽は淡水魚水槽として使ってしまいました、これが横25cm縦30cm奥行き25cmのかなり小さい水槽なんですが、以前使っていた30cm水槽の倍くらいの水量があるんです、ただ濾過が底面濾過のみなんです、そこで蓋と水面の間に簡単な上部濾過を作ろうかと思っております、インテリア水槽はカッコイイんですが外掛けフィルターなどが使えないのでちょっと苦戦しています、現在は水中に沈めるタイプのろ過器が入ってます、

にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へポチッとお願いします、励みになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ん~~

淡水魚の水槽が水質的にはいいんだけど、黄ばみが出てしまった、硝酸も10ppm以下で落ち着いていたんだが、黄ばみがひどい、友人も近いうちに遊びに来るので、水を交換しちゃいました、黄ばみか~今後はどうしよう、まったく考えてなかった~エアーポンプも余ってるし淡水だけどプロテインスキマーつけてみようかな~ただ水槽が小さいから目立たないようにするのが苦労しそう、出来上がったら写真アップします、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残念

昨日は暑かったようで、うちの水槽すべてが30度を超えましたフタをあけて扇風機をあててるんですけどねー、ここ最近昼間は28度くらいをキープしてたんですが昨日は暑かったみたいです、フタを開けていたせいでエビが外に3匹飛び出して★になっていました、フタを開けなきゃ温度で★になっていただろうし、メッシュのフタか何かにしなきゃダメですね、早急になにか対策します、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

淡水魚水槽

Cimg1663 海水魚水槽のこともまだいろいろ説明していきたいのですが今日は淡水魚の水槽についてお話します、はっきりいってショボイです、LOL、30㎝の水槽が2つです、どちらの水槽も外掛けの濾過器ですが純正のフィルターは外して水の流れを少し変え、物理濾過はウールマット?みたいな物で生物濾過は適当な濾過材を入れて濾過していますまず左の水槽にはネオンテトラ8匹、グラスキャット3匹、あと名前忘れたけどおとなしくて黄色いやつが2匹います、はいそうです、ちょっと入れすぎました、そして右の水槽には川エビ?ヌマエビ?なんだか知らんがそんなのが5匹、手長エビ?(ボス)が1匹、そして独房を設置してあります、その中には、あ~また名前忘れた~、なんか苔取り名人のようなキャッチフレーズの魚が入っています、罪状はグラスキャットのヒゲを食べた罪です、あれ~あんた飼育してる魚の名前もしらねーのかよ!って買ってきたときは覚えてたんですがすみません忘れました、実は魚の飼育が嫌いなわけじゃないんですが、どっちかっていうと水の濾過処理に興味があるんです、どれだけ簡単な設備で魚が快適に過ごし水の交換無しでやっていけるかが私のテーマなのです、繰り返しますが簡単な設備で魚が快適に過ごし水の交換無しがテーマですから硝酸が溜まってしまえばちゃんと水換えしますよ、虐待はしたくないですからね、要は脱窒までしたいわけです、だんだん水槽も落ち着いていい状態なんですが脱窒までやるには生体が多すぎました、どうしても硝酸が50ppmより落ちないんです、でも50ppmならいいかな~と思っております、一応硝酸が100ppmで私の負けです、水を3分の1交換します。はっきり言って100ppmでもいいのではないかと思っているのですがどこかに基準を作らないとダラダラしてしまうので、水は交換します。じゃあ具体的にはどうやって脱窒までするの?と聞かれるとたいしたことは(簡単がテーマなので)やってないんですが、還元BOXのようなものをなるべく目立たない所に入れてあります、容器に穴をいっぱい開けて中にはスポンジを貼りその中にテトラのナイトレイトマイナス(液体じゃなく生産中止になった白い粒のやつです)を入れてあるわけです、あ~!もしこれをやる場合水槽内の水が安定していればいいのですが硝酸値などが高いと一時的に亜硝酸が発生したりします、養生を行ったほうがいいと思います、バケツに水槽内の水を汲み還元BOXが完全に浸るくらいの深さまで入れます、そこに還元BOXを入れ中の空気をなるべく出してください(なるべく嫌気状態にしてください)、それでも還元BOXが浮いてくると思うので石か何かを重石にして3日間水に浸けてください、3日後水槽に移すわけですがなるべく水流の無い所へ沈めれば完了です。ではまた!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)