器具・その他

気合を入れて洗いました

今日はマリン ニシさんで買った底砂を10キロくらい1200水槽へ入れてみました、洗うのに苦労しましたが、ボリューム感が出ましたので、がんばった甲斐があったようですhappy01
D1000835 砂を追加した直後なので水が少し濁っていますが、なかなか良い感じです、





D1000817 この谷が気に入ってますhappy01






D1000820 今日は明るいうちに水汲みへ行きました、堤防からでこの透明度ですからかなり水が綺麗ですねhappy01


水換え:1200水槽60ℓ、400水槽20ℓ、

↓ランキングに参加しています、ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

底砂の追加

1200水槽の底砂が減ったような気がします、たぶんCaリアクターを設置してないから減りが早いんでしょうね、
前回底砂を増やした時に使ったアラゴナイト サンド#0 が気に入ったのでマリン ニシさんにて購入しようかと思いましたが品切れとの事だったので今回はフレッシュ活性サンゴ 15kg SSSを使うことにしました、このサンゴ砂は1200水槽を立ち上げたときに使ったサンゴ砂です、洗わずに使いたいところですが細かい砂で濁るのではなくて、この砂の場合単純に汚れが多いのです、洗うのがかなり大変でかなりの覚悟が必要です、まぁがんばりますsweat02

水換え:1200水槽40ℓ、400水槽20ℓ、

↓ランキングに参加しています、ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

硝酸塩除去装置4

硝酸塩除去装置のその後ですが12月3日頃から1秒2滴に設定しました、昨日確認したところ少し狂ってしまい1秒2.5滴になっていました、今回は昨日の水換え前の測定結果です、
D1002084 左が硝酸塩除去装置の排水で1ppm
右が飼育水で2.5ppm





やはり硝酸塩除去装置内での処理は追いつかないようです、ですが水換え前に飼育水の硝酸塩が2.5ppmってことは、これでも良いのかもしれませんね、ただ除去装置の排水から硝酸塩が少しでも検出されると気分的によくありません、除去装置からの排水を0ppmにするには私の除去装置の場合1秒1.5滴くらいがベストなのかもしれませんね、
ということで排水量を1秒1滴くらいまで落としました、うちの設備では硝酸塩をクリアしても水換えしなくて良いには繋がりませんので、どうせ水換えすることになると思います、ですので硝酸塩は1日に10ℓくらい処理してくれれば十分ですね、

↓ランキングに参加しています、ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

硝酸塩除去装置3

硝酸塩除去装置のその後ですが、その前に訂正があります、前回「硝酸塩除去装置2」の中で排水量が1秒間に1.5~2滴と記載していましたが正確に測定したところ1秒間に1滴でした、

硝酸塩除去装置を設置して10日経ち、硝酸塩測定試薬にて水質を測定をしてみました、
D1002032 まず、硝酸塩除去装置の排水の測定結果は0ppmでした、




D1002030 次に飼育水の測定結果は3ppmでした、




硝酸塩除去装置の調整は、このくらいがベストだと思いますが、1秒間に1滴の排水となりますと1時間で実測350ccでしたので24時間で・・・・・8.4ℓくらいですよね?1日にたったそれだけの処理量で飼育水の硝酸塩濃度に変化は出るのでしょうか?think

これは私の勘でまったく根拠なんてありませんが、これ以上排水量を増やすと脱窒が追いつかないような気もするんですよね、どこまでがこの装置の嫌気状態の限界なのかわかりせんので、なんとも言えないんですが排出量を増やしてしまえば当然吸入量も増えてしまうわけですよね、そうなりますとせっかく嫌気性になっていた装置内が好気性になってしまうんではないかと・・・、好気性になってしまえば普通の濾過器になってしまうと思うわけです、う~んthinkどうなんでしょう?やってみないとわかりませんねcoldsweats01もしかしたらもう少し処理できるのかな~think興味のある方は知りたい所ですよね?えっ?知りたくない?まぁそんなこと言わずに、私も現状で十分に満足なんですが限界を知りたいので1秒間に2滴の排水量にしてみます、あと「硝酸塩除去装置2」で書いた装置をサンプ内に入れてしまう件はまだやっていません、でも近いうちにやってみる予定です、

↓ランキングに参加しています、ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

水温計

400水槽の水温計をデジタル式に変えました、1200水槽では コトブキ デジメーター2を使っていますが、今回は日動 マルチ水温計を使ってみることにします、この水温計は現状水温・最低水温・最高水温、現状気温・最低気温・最高気温を表示してくれる優れものなんです、

D1002007






でも水温計といえば店頭に並んでいるときにかなりの誤差がありますよね、私の場合ですが普通の水温計を買うときは並んでいる商品の温度を見て一番平均温度を示しているものを買っています、ですがデジタル式ですと店頭では電源が入っていないのでそれはわかりませんよね、デジタル式も誤差はあるんでしょうかね?

どうでもいいのですがちょっとした実験をしてみました、

D1002006 試しに体温を測定してみました、なかなか性能は良いみたいです、

ですが1年に1度交換しようかと思っています、




あっ!誤解のないために言いますけど、測定場所はわきの下ですからねsweat01このセンサー部分を直腸へ挿して本体を万歩計のように腰に付けておけばいつでも体温が・・・な~んて事には使わないようにcoldsweats01

↓ランキングに参加しています、ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

硝酸塩除去装置2

硝酸塩除去装置をバケツにて3日ほど養生し、その後水槽に設置して2日が経ち水質を硝酸塩測定試薬 にて測定してみました、
D1001906 現在水槽内の硝酸塩は3ppmくらいです、




D1001907 そして硝酸塩除去装置の排水ですが0ppmです、
脱窒はうまく行っているようです、嫌な臭いも今のところしません、



やってみて思うことがありました、それは装置の温度管理の問題です、バクテリアも生物なので温度環境に敏感だということです、現在1秒間に1.5~2滴1滴の排水をしていますので装置内の水温は外気温の影響を受けやすい環境にあると思います、この装置は内部にポンプがありますのでポンプから発生する熱の影響で極端に温度が下がることはないと思いますが逆に夏場の装置内は高温になると思います、そこで保温などをと考えましたが今のところ一番良いのはサンプの中に装置を入れてしまうということです、そして飼育水の硝酸塩を0ppmにしないことです、バクテリアへの餌の供給と温度と装置の排出量を安定させていればうまくいく管理できるかもしれませんね、また後日経過を報告いたします、

今日は雨の為水汲みに行けないので昼間からお酒飲んじゃいますhappy01

D1001978






今日のお酒は磯自慢 特別本醸造です、あまり日本酒は飲まない方なんですがこのお酒はそんな私でも飲んじゃうお酒です、磯自慢は静岡のお酒なのでまずいと思うでしょ?ところがどっこい美味いんですね~飲むなら下の物ではなく中堅クラスからがお勧めです、冷で飲んでるけど八代亜紀が聞きたくなってきたな~catface

 

↓ランキングに参加しています、ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

こんなものも作ってます

最近Yamamotchさんのヤギを見て水流の大切さを感じたわけですが、私には水流をランダムに動かす予算はもちろんありません、どうしましょ?作るしかないですよね、
そこで考えたのが首振りパワーヘッドホルダーです、今の私の知識と技術ではこれが限界ですかねcoldsweats01
今は首を振らせただけですがこれをコンパクトにまとめて実用化してみたいと思っています、

今回使う廃品は速暖ヒーター?セラミックヒーター?まぁそんなやつです、これの首振り部分を再利用してみようかと思っています、ちなみに首振り扇風機ではダメなのかと思う方もいると思いますのでちょっとだけ説明しますと扇風機はメインの羽が回る動力から低速ギアを使って速度を落とし首振りにも使っているので首を振らせるだけならセラミックヒーターのように首を振るだけの部品が付いている素材がいいかと思います、
とりあえず今は首を振らせただけですので出来上がるものは形もかなり変わると思います、前回自作したパワーヘッドホルダーに固定してもいいし、その部分も新しく作ってもいいし、まだイメージも沸きません、まだまだ実用化は先ですがとりあえず首を振ったので少しやる気が出てきました、今回も制作費は0円を狙っています、
↓ランキングに参加しています、ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

水汲み方法の変更

以前水汲みを水中ポンプでやろうとして、車載インバーターの電力不足で水か上がらないということがありましたが、最近75wの小型水中ポンプを手に入れたのでそれを使ってみました、20リットルのポリタンクをいっぱいにするのに2分近くかかります、そして真水でポンプを洗ったりとちょっと面倒なんですがそれでもかなり楽になりました、じつはエンジンポンプも所有しているので、いずれは200リットルくらいのローリータンクを買いたいですね、

D1001755





↓ランキングに参加しています、ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

| | コメント (15) | トラックバック (0)

照明

吊り下げ式の蛍光灯照明を壊れたからと頂いたんですが、安定器を交換したら直りました、
40wが2本入るタイプです、色を塗りなおして1200水槽に使ってみようかと思います、

D1001740








そしてついでにこんなものも頂いたのですが・・・

D1001739 D1001738 メタハラの安定器です、神様は私にメタハラも自作しろと言っているんでしょうか?





昨日はソメワケ2号の淡水浴をしたんですが、危なく死なせるところでした、汽水から淡水へ移したんですけど、その時痙攣を起こしたんです、温度も合わせていたんですがいきなり痙攣したので、もう大慌て(アワアワするだけ)ですよ、その後5分の淡水浴をさせてまた汽水から水槽へ戻したんですが、後からいろいろ考えました、何故痙攣したのか、たぶんですが使った水が良くなかったのも一つの原因かと思いました、その時何も考えず綺麗な水の方が良いだろうと思い蒸留水を使ったんです、でもよく考えたら私の使っている蒸留水のpHって5.5くらいなんですよね、約pH8くらいの飼育水からいきなりpH5.5ですからpHショックを起こしたんじゃないかとも思います、もうやりたくないですが次に淡水浴するときは水道水のカルキを抜いたものにしようかと思います、

水換え:1200水槽20ℓ、400水槽20ℓ、


↓ランキングに参加しています、ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

廃品にて9

このシリーズも皆さんにいろいろアドバイスを頂きなんとかここまで来ました、
もう形にはなりました、テスト運転すれば泡も上がるはず、
水中ポンプを使いスイッチオンsign03・・・ですがしっかり水漏れsweat02コーキングをやり直し、スイッチオンsign03・・・24時間経ってもまったく泡なんて立ちませんdespairそれでダメならポンプを2つ使ってみるがそれでも泡は上がりませんでした、この時点で構造的な欠陥があるんじゃないかとも思いました、
そこでもうダメもとで1500水槽の廃棄を条件に頂いたマグネットポンプを試してみたんです、そこからはエアー調整やらいろいろあったんですが、やっと、やっと泡が上がりましたcoldsweats01やっとですよsweat01いや~感動的でしたよhappy01

水中ポンプで泡が上がらなかった原因は憶測ですがポンプのトルク(揚程)不足だったんではないかと思っております、このスキマーのように水流を何か(ベケットヘッド)にぶつけるタイプは水流に抵抗かかかるので水中ポンプですと排出量が同じでもトルク不足になってしまうんではないかと考えました、ですので前回Rio3100で運転予定と言いましたが、今回は使わないかもしれません、

あとはアウトサンプで使う予定ですので台を作らなきゃいけませんね、それとも新しくサンプを作って・・・・・それともクーラーを今の位置より下げて・・・・・なぁ~んていろいろ考えちゃいますけどねhappy01

D1001702 D1001700







今回はま。さんにはベケットヘッドのサイズやバレットでの運転方法、そしてYamamotchさんにはポンプや配管のアドバイスをメールにて頂きました、たぶん一人だったら途中でやめていたかもしれません、コメントで応援してくれた皆さんもありがとうございました、

↓ランキングに参加しています、ポチッと応援よろしくお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧